設備一覧

設備 台数
レーザーマシン アマダ製 1台
コーナーシャーリング 1台
シャーリング4m アマダ製 1台
ベンダー4m アマダ製 1台
アルゴン溶接機 2台
電機溶接機 2台
エンジン溶接機 2台
プレス 6台
切断機 2台
アルミサッシ加工機 1台
貨物車 3台

主要設備

setsubiM-pic01

レーザーマシン

鉄は9mm、ステンレスは6mmまで切断加工が可能です。圧縮酸素・圧縮窒素を燃料として使用しています。

setsubiM-pic01

コーナーシャーリング

資材のコ-ナ-部分をせん断により切断加工する板金機械です。板の角を直角に切断したり、切り欠くために用い、箱状の板金加工製品を作る場合などに使用されることが多いシャーリングの一種です。

setsubiM-pic01

シャーリング

精密板金・板金加工の加工工程としては、定尺板を一定の幅に切断したり、所定の幅・長さに切り出したりするカット加工に使われます。

setsubiM-pic01

ベンダー

様々な角度での曲げ加工が簡単にできます。変形が少なく、正確にきれいに曲げられます。

setsubiM-pic01

アルゴン溶接

溶着金属そのものの成分の溶接棒を用います。タングステン電極の周りから保護ガス(アルゴンガス)を放出し、 大気から溶融金属を遮断し溶接を行います。

setsubiM-pic01

アルゴン溶接

溶接部と溶接棒を電極としてその間にアーク(発光放電)を発生させ、その熱により溶接棒を溶かし落着させます。

setsubiM-pic01

切断機

アルミ型材(長尺材)、アルミ板材(大尺板)を定められた寸法に切断する機械です。様々な仕様に合わせて高精度で切断する事ができます。